So-net無料ブログ作成

甘利明大臣に賄賂・汚職疑惑?ベッキーの次はマイナンバーの歌の大臣と、文春は徹底的にゲス乙女周辺を狙っているのか

甘利明TPP担当大臣に賄賂・汚職疑惑があると週刊文春が報じました。

甘利明大臣といえば、マイナンバーのPR会見で「ゲスの極み乙女。」の「私以外私じゃないの」という歌を突如歌い出し注目を集めた大臣でもあります。

週刊文春は先日ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音さんの不倫騒動をスクープしたばかりですが、なんだか徹底的に「ゲスの極み乙女。」に関係する人物を狙っているかのようなスクープの取り方ですね。。


【スポンサーリンク】






甘利明大臣に賄賂・汚職疑惑と週刊文春が報道



週刊文春が報じたのは、甘利明TPP担当大臣(66歳)の賄賂疑惑。

これは政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反にあたるそうです。

要は、金銭の授受で仕事上の便宜を図っちゃいけないし、政治家ならなおさらダメだよね、ってことですね。

まぁいわゆる汚職というやつに繋がりますからね。


その相手とは、千葉県内の建設会社とのこと。

汚職事件にはよくありそうな道路建設事業に関わるもののようです。

また、賄賂・汚職疑惑が向けられているのは甘利明大臣だけではなく、地元の大和事務所所長で秘書でもある清島健一氏や、鈴木陵允政策秘書も接待を受けているのだとか。

少なくとも1200万円分の証拠は提出できるそうですね。


当然企業名は現在は公表されてはいません。

ベッキーの時にも言われたことですが、週刊文春は第2弾を持っていることで有名らしいので、この1週間で甘利明大臣が下手な言い逃れをしたら更なる証拠を突きつける、という手法でしょうか。

でもこういう手法って、「交渉の余地はありますよー」というカードなんでしょうかね。

それとも、スクープした相手を徹底的に追い込むための作戦なんでしょうか?


現在の回答としては、清島所長は政治献金という形ではないのか、と言っているそうです。

政治献金とは、特定の政治家や政党に資金を提供することで、政治資金規正法上では寄付に分類されるものです。

賄賂と何が違うのかというと、献金を受けることに特段の見返りを求めない、ということですね。

つまり、今回の建設会社側がお金を渡しても「献金」という形で何も見返りを受けていないのであれば、それは賄賂ではない、という理屈が成り立つわけです。

ただし、その場合は政治資金収支報告書に記載はしておかなければならないのですが、現在のところでは記載はないようですね。

それでも、便宜を図っていなければ「記載漏れだった」ということにしておけば、そこまでのひどいスキャンダルにはならないのかもしれません。

野党もこの辺をつくために、今慌ただしく関係性を調べているのではないでしょうかね。


もしかすると、週刊文春も第2弾を公表するまでの1週間で、与党からも野党からも交渉を受けて立ち回っているのかもしれませんね。


【スポンサーリンク】






ベッキーの次はマイナンバーの歌の甘利明大臣と、文春は徹底的にゲス乙女周辺を狙っているのか



それにしても、ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音さんの不倫騒動をスクープした後は、ゲスの極み乙女。の歌をPR会見で披露した甘利明大臣のスクープですから、なにやら週刊文春は「ゲスの極み乙女。」の周辺を徹底的にマークしているかのような印象を受けますよね。

単なる偶然だとは思いますが、もしかするとこの辺もゲスの極み乙女。のスクープを狙っていたら出てきた新たなスクープ・・・だったりするのでしょうか。


まぁゲスの極み乙女。の方は、甘利明大臣がPRイベントで自身の歌を歌ったことに関しては「マイナンバーって言われても・・・」と困惑していた様子で、この両者の間には特別深い関係はなさそうでした。

ただ、このコメントにしろ、「大臣にまで知っていてもらえて光栄です」くらい言っても良さそうな気がしますが、いわゆるイマドキの若者的な感じですよね。


以上「甘利明大臣に賄賂・汚職疑惑?ベッキーの次はマイナンバーの歌の大臣と、文春は徹底的にゲス乙女周辺を狙っているのか」でお送りしました。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


【スポンサーリンク】




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。