So-net無料ブログ作成

ベッキーのセンテンススプリングの意味が「ありがとう文春」…不倫じゃないし略奪でもないと、擁護した人を完全に裏切ったな

ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音さんのLINEのトーク内容がまたまた流出しましたね。

その中でベッキーの表現「センテンススプリング」と、ほぼ同じ意味の「ありがとう文春」がトレンドワード入りです。

また、「不倫じゃない」「略奪でもない」と、さんざん色々な人に擁護してもらったにも関わらず、その人達まで裏切った形となりました。


【スポンサーリンク】






ベッキーのセンテンススプリングの意味が「ありがとう文春」



またまた流出したベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音さんのLINEのトーク内容。

その内容は、前にも増して非難されるべきものでした。










センテンススプリングは、多少ツッコミどころはあるようですが、その前に出てくる「ありがとう文春」とほぼ同じ意味でしょうね。

あるいは、「文春マンセー」的な意味か。


それにしても、今度はどうやって流出したのでしょうね。

またしてもゲスの極み乙女。川谷絵音さん側のLINEが流出した形ですが、今は奥さんとは同居はしていないと思っていたのですが。

LINEIDがバレているのにも関わらず、同じIDで再びベッキーとトークしてたのだとしたら、ガードが緩すぎるし、さすがにそこまで危機感がないとも思えません。

となると、ゲスの極み乙女。にかなり近い人物、あるいは他のメンバーだったりするんでしょうか。。


【スポンサーリンク】






不倫じゃないし略奪でもないと、擁護した人を完全に裏切る






そもそも、「逆に堂々とできる」というのはいったい何なんでしょうか?

「友達として二度と会わない」のではなかったのでしょうか。

「ゲス乙女・川谷絵音は元々離婚寸前だったから、むしろ本命は私だし、略奪でも不倫でもない」みたいな理屈か?


芸能人も多数ベッキーをフォローして擁護したりもしていましたよね。

ベッキーは反省してるから許してやってくれって。

ファンの人たちもベッキーが好きだし、悪いのは男だし、かわいそうだって声が多かったはずです。

でも全然反省していませんでした。

本人は不倫だとも略奪だとも思っていないのですから、反省する意味がないのでしょうけど。


今回の件でもはや擁護派もいなくなると思われます。

ベッキーもスカパー番組のMCが決まったばかりだったところ、今後は降板となる可能性が高いですね。




打ち切りを検討していた企業や番組も、今度は躊躇しないでしょう。


以上「ベッキーのセンテンススプリングの意味が「ありがとう文春」…不倫じゃないし略奪でもないと、擁護した人を完全に裏切ったな」でお送りしました。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


【スポンサーリンク】




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。