So-net無料ブログ作成

サッカー リオ・オリンピック予選 イラク戦の日程・放送時間、会場はドーハの悲劇の場所

まもなく始まる、サッカーリオオリンピック予選のイラク戦。

勝てばリオ五輪出場が決定するという大一番です。

その日程・放送時間や会場についてまとめました。

会場はなんと、あのドーハの悲劇の場所なのです。


【スポンサーリンク】






サッカー リオ・オリンピック予選 イラク戦の日程・放送時間・会場はドーハの悲劇の場所



サッカーリオオリンピック予選のイラク戦の日程・放送時間は以下のとおりです。

日程:1月26日(火) 22:30~(日本時間)

放送局:テレビ朝日

放送時間:22時25分~24時30分(予定)

会場:カタール・ドーハ

カタールのドーハと日本との時差は6時間。

日本で22時30分キックオフとすれば、カタール時間では16時30分となります。


会場は、なんとあの「ドーハの悲劇」で知られる場所です。

そう、あのアルアリ・スタジアム。

そして、相手の同じイラクなんです。


ただ、U-23ですから、全員がドーハの悲劇以降、あるいはギリギリ生まれていたかどうかというところなんですよね。

「ドーハの悲劇?なにそれ?」とまではいかないと思いますが、「そんなの関係ねぇ!」という選手も多いかもしれませんね。

でも、それでいいと思います。

むしろ気負っているのは監督かもしれませんね。


ちなみに、ドーハの悲劇を知らない人のために、一応説明書きを。

1993年10月28日のアメリカワールドカップのアジア地区最終予選。

2-1で日本がほぼ勝利を決めていた、後半終了間際のロスタイム。

同点ゴールを許し、引き分けとなってしまい、悲願のワールカップ初出場を逃しました。

もしかしたら、あの時代を知らない人は、「まー、勝負の世界じゃよくあることだよね」とドライに思うかもしれませんね。


【スポンサーリンク】






でも、あの当時は今よりもJリーグ人気が高かったんですよ。

というのも、Jリーグが発足した翌年でしたからね。

子供達も、Jリーガーのカードを集めて自慢し合っているような、そんな時代でした。

バブル崩壊期でもありましたし、明るいニュースということで、日本国民の期待を一身に背負っているような、そんな時代でもあったと思います。

ラモス瑠偉、武田修宏、三浦知良、 中山雅史・・・スター選手がピークというか絶頂期というか。

それだけの人気スポーツで、スター選手が揃っていて、ワールドカップ初出場がほぼ確定・・・からのロスタイムで同点っていう。

だから「悲劇」だったんですよね。

私はまだ子供でしたが、このときのニュースの取り上げられ方は、最近で言えば、ラグビー日本代表が南アフリカを下したとき以上のニュースだったと思います。

というか、その数倍。

今、改めて調べると、深夜で視聴率48%ですよ。

予選で、深夜でこの視聴率はありえないですよね。

次のリオ五輪のほぼ同じ条件のU-23の視聴率は、たぶんこの半分もいかないかもしれません。

それだけの、注目を浴びていた試合だったということですね。

私はまだ子供だったので、これがどれだけショックなことかはわかりませんでしたが、ずーっとテレビで何日も何日もやっていたような気はします。


「ドーハの悲劇」は繰り返さない、と意気込み日本代表。

あの事件を知る世代としては、ぜひ勝って払拭して欲しいな、と思います。


以上「サッカー リオ・オリンピック予選 イラク戦の日程・放送時間、会場はドーハの悲劇の場所」でお送りしました。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


【スポンサーリンク】




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。