So-net無料ブログ作成
検索選択

鐘ヶ江管一ヒゲ市長は付けヒゲ!脳梗塞の病気を克服し現在は雲仙岳災害記念館の名誉館長を務める

1991年の雲仙普賢岳の噴火で有名になった鐘ヶ江管一さんを覚えていますか?

その活躍は元より、見た目からヒゲ市長と呼ばれ、マスコミから強力に取り上げられた人物です。

そんな鐘ヶ江管一さんが、2016年1月29日(金) の「爆報!THE フライデー」に登場します。

脳梗塞という病気を克服し、現在は雲仙岳災害記念館の名誉館長を務めているそうですが、実は付けヒゲだったとカミングアウトし・・・!?


【スポンサーリンク】






鐘ヶ江管一ヒゲ市長は、実は付けヒゲだったとカミングアウト



ヒゲ市長として一躍有名になった鐘ヶ江管一(かねがえ かんいち)さん。

今回出演する「爆報!THE フライデー」で、実は付けヒゲだったとカミングアウトするそうですね。



この見事なヒゲが付けヒゲだったとは・・・。

でも、なぜわざわざ付けヒゲをしてたんでしょうね。


一般的に、付けヒゲって流行っているんでしょうか。

調べてみますと、実は密かな人気となっていることがわかりました。

というのも、男性というのは女性に比べてメークなんかをする人はいませんよね。

芸能人はともかく。

そんな男性の数少ない変身アイテムとして人気だというのです。


仕事柄、ヒゲをはやすことができない人はたくさんいるでしょう。

私もその一人です。

しかし、ヒゲは古くから男性らしさの象徴でもあり、女性ウケがいいかどうかはさておいて、ヒゲによりずいぶん印象が変わると思っている男性は少なくないのだとか。


ただ、鐘ヶ江管一さんのあのヒゲが付けヒゲだというのは、そのような一般的な理由には当てはめて考えるべきかどうかというと、ちょっと疑問ですね。

その理由は番組で明らかになると思います。


【スポンサーリンク】






脳梗塞の病気を克服し現在は雲仙岳災害記念館の名誉館長を務める



鐘ヶ江管一さんは、1931年1月22日生まれですので、今年で85歳になりました。

そんな鐘ヶ江管一さんは、実は脳梗塞の病気を患った経験があります。

4年前の81歳のときになったそうですが、現在は講演するなど、元気に活動されているようです。

このほか、雲仙普賢岳記念館の名誉館長も務めています。


雲仙普賢岳記念館は、運現普賢岳の噴火という災害を忘れず教訓として活かしていく目的で建設された記念館。

1991年の雲仙普賢岳の噴火とその火砕流は、43名もの死者を出す大災害となりました。

このとき、自ら最前線になって救助活動を指揮する姿で有名なった鐘ヶ江管一ですが、その活躍があって名誉館長に就任したのですかね。


以上「鐘ヶ江管一ヒゲ市長は付けヒゲ!脳梗塞の病気を克服し現在は雲仙岳災害記念館の名誉館長を務める」でお送りしました。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


【スポンサーリンク】




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。